Privacy Policy

個人情報保護方針

一般財団法人VICTORY FOUNDATION(以下、「当財団」という。)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全職員に個人情報保護の重要性を認識させるとともにその取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進します。

  1. (個人情報)
    第1条 「個人情報」とは、個人情報の保護に関する法律(平成十五年法律第五十七号、以下「個人情報保護法」といいます。)にいう「個人情報」を指し、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別できるもの又は個人識別符号が含まれるものを指します。
  2. (個人情報の取得と利用)
    第2条 当財団は、以下の目的に必要な範囲で、ご本人の個人情報を取得し、取得した情報を利用させていただきます。以下の目的の範囲を超えて個人情報を利用する場合には、事前に適切な方法でご本人からの同意を得るものとします。
    1. 当財団の事業(以下「本事業」といいます。)を提供するため
    2. 本事業の内容を改良・改善し、又は新事業を開発するため
    3. 本事業の新機能、更新情報、キャンペーン等及び当財団が提供する他の事業のご案内(電子メール、チラシ、その他のダイレクトメールの送付を含む)のため
    4. メンテナンス、重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
    5. 本事業に関する利用者からのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
    6. 本事業の利用状況を利用者にご報告するため
    7. 本事業に関するアンケート・取材等のご協力依頼や各種イベントへのご参加をお願いし、又はその結果などをご報告するため
    8. 本事業の利用履歴等を調査・分析し、その結果を本事業の改良・開発や広告の配信に利用するため
  3. (個人情報の管理と保護)
    第3条 個人情報の管理は、厳重に行うこととし、次に掲げる場合を除き、ご本人の同意がない限り、第三者に対しデータを開示・提供することはいたしません。 また、安全性を考慮し、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等のリスクに対する予防並びに是正に関する対策を講じます。
    1. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
    2. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
    3. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
    4. 業務を円滑に遂行するため、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合
    5. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    6. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的及び当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称について、あらかじめ本人に通知し、又は本人が容易に知り得る状態に置いた場合
    7. その他法令で認められる場合
  4. (個人情報の開示)
    第4条 当財団は、ご本人から個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なくこれを開示します。但し、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
    1. ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    2. 当財団の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    3. その他法令に違反することとなる場合
  5. (個人情報の訂正及び削除)
    第5条 当財団の保有する個人情報が誤った情報である場合には、ご本人の請求により、当財団が定める手続きに従い個人情報の訂正又は削除を行います。
    1. 当財団は、ご本人から前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正又は削除を行い、これをご本人に通知します。
  6. (個人情報の利用停止等)
    第6条 当財団は、ご本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、又は不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止又は消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨ご本人に通知します。但し、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。
  7. (プライバシーポリシーの変更手続)
    第7条 当財団は本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。本ポリシーの内容は、法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて、変更することができるものとします。変更後のプライバシーポリシーは、当財団所定の方法により、利用者に通知し、又は当財団ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
  8. (法令、規範の遵守)
    第8条 当財団は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守します。
  9. (苦情及び相談への対応)
    第9条 当財団は、個人情報の取扱いに関するご本人からの苦情、相談を受け付け、適切かつ迅速に対応いたします。また、ご本人からの当該個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用又は提供の拒否などのご要望に対しても、迅速かつ適切に対応いたします。
  10. (改廃)
    第10条 この方針の改廃は、理事会の決議により行うものとする。